暇人の雑記集

ゲームの最新情報や感想などを気の向くままに書いています

Menu

【G213r】本気でゲームするならコレ!『G213r』の実機レビュー!【レビュー】

本気でゲームするならコレ!Logicool製ゲーミングキーボード『G213r』を使ってみた!

どもrakiです!今回はLogicoolのゲーミングキーボード『G213r』を購入したので使用してみた感想や概要について紹介していこうと思います!

G213rのスペック

大きさ 218mm×452mm
高さ 33mm
重量 1,000g
ケーブル長 1.8m
耐水性 60mlまで
ライティングゾーン 1680万色

 

G213rのキースイッチは「〇〇軸」と呼ばれることの多いカニカル方式ではなく、メンブレン方式と呼ばれる耐久性、耐水性に優れる方式が採用されています。

 

このメンブレン方式は耐久性、耐水性に関しては非常に優れていますが、打鍵感についてはメカニカル方式と比べかなり劣ってしまうといったデメリットを抱えています。

 

ゲーミングキーボードにおいてメンブレン方式は不向きで、どちらかといえば仕事用や作業用のものに向いているのですが、なぜG213rはこのメンブレン方式を採用しているのでしょうか。

 

実はG213rのキースイッチは「MECH DOMEキー」という、メンブレン方式といってもゲーム用に特化させた独自のキースイッチを搭載しており、カニカル方式のものと比べても差異のない打鍵感、一般的なメンブレン方式の約4倍の反応速度、かつメンブレン方式の特徴である耐久性、耐水性も持ち合わせているまさにいいとこどりの性能となっています。

 

またLogicool製品専用ソフトウェア「G HUB」を使えばキーのライトカラー1680万色の中から自由に選ぶこともできます。またライトカラーの変化の仕方など、各種詳細な設定まで可能です。

 

 

実際に使ってみた

G213r開封して見てみると思ったより大きめでなかなかの重厚感がありました。

キーボード背面の2段階調整可能のスタンド

キーボードの背面には2段階設定できるスタンドがあり、自分の打鍵しやすい傾斜に調整することができました。

 

実際にPCに接続してみるとキーが光りだしていかにもゲーミングキーボードだなって感じになってちょっとワクワクします。

 

G213rを真横から見た写真

真横から見てわかる通り、キーはちょっと高さがある程度でめっちゃ薄かったり高すぎたりしないちょうどよい高さでした。

 

G HUBの画面

とりあえずG HUBを起動して見てみるとライトカラーの設定、マクロやコマンドの設定などがあり、とりあえずライトの設定を見てみると、色変化の効果を選択できたり設定したい色や色の変化する速度を設定することができました。

コマンドの画面ではマクロの設定や、キーでアプリケーションを起動させるようにしたりなど、細かい設定をすることができそうです。

 

Logicool G213rの価格帯

Logicool G213rの価格は7700円(税込)となっており、ここまでの性能でこの価格帯は十分安い方だと思います。
確かに楽天市場などを見てみると、安い4000円台くらいのキーボードもちらほら見かけますが信頼性や専用ドライバ(ソフトウェア)の有無などを考えると、それらより少し高くとも耐久性などの面も含めて安心できるのでG213rの方が僕はおすすめできるかなと思います。
 

まとめ

  • 耐久性・耐水性の良さに加え、メカニカル方式とほとんど差異がないほど打鍵感が良く、一般的なメンブレン方式のキーボードと比べ約4倍の反応速度を誇っているなど、ゲームに関する面でも物理的な耐久面でも優れている。

 

その他の記事 

 

himazin-zakki.hatenablog.jp

 

himazin-zakki.hatenablog.jp

 

himazin-zakki.hatenablog.jp

 

himazin-zakki.hatenablog.jp

 

ここまでの閲覧ありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 privacy policy